INTERACTION

時間は有限。可能性は無限大。

京都おすすめグルメ@とようけ茶屋

広告

 

はい。こんにちは。

やっとずっと食べたいなーと思っていたところに食べに行くことができました。

 

それは京都の超老舗のお店です。

 

概要

なぜ行けなかったかというと

(飲食)11:00~15:00
(物販)10:00~18:30

となっており、ランチのみなんですよね。

 

まあ場所はなんとわかりやすいことか、北野天満宮の真ん前にあります。

 

まあそのせいもあり、めっちゃ並んでます。

 

この日は11時半に到着。前に10人ほどおり40分ほど並んで入りました。

 

 

いざ実食

 

生湯葉丼。右下は突き出しの黒ゴマ豆腐でした。

豆腐が有名なだけあって濃厚な味わいがよかったです。

京都らしいといえばそうなのでけどあんかけの味が濃い。

そこは京都っぽくないかな?おいしいんだけど薄味の種類も出してくれたらうれしいな。

 

 

こちらはとようけ丼。名前がついてるだけあって一押し商品。

ただし人気は生湯葉丼のほうが上。

和風マーボー丼みたいな感じ。京都らしくて◎

 

 

こちらは生麩丼。京都といえば生麩!みたいなのもありますしね。

京野菜と生湯葉膳(1,650円・税別)

 

・東寺湯葉の葛あんかけ
  ゆりね、ぎんなん、きくらげを生湯葉で包んで揚げたものに葛あんをかけたもの

・京野菜と生湯葉・油揚げの煮物
  今回の京野菜は壬生菜

・四色生湯葉 京野菜の天麩羅 田楽みそがけ
  白大豆・緑大豆・丹波黒豆・紅麹入の四種類の湯葉と加茂茄子・伏見唐辛子・赤万願寺唐辛子の天麩羅に田楽みそをかけたもの


・丹波黒豆生湯葉煮付け

・甘湯葉 醤油煮実山椒かけ
  豆乳を煮詰めて湯葉を取った後に残った湯葉を集めた甘味のある湯葉に醤油煮の実山椒をかけたもの

・刺身湯葉
  練り胡麻入りの刺身湯葉を山葵醤油でいただきます

・御飯、刻みすぐき菜の漬物、小巻湯葉の吸物

お膳の名前通り、京野菜と湯葉がふんだんに使われており、いずれも美味しくいただけました。

デザートはとようけ冷菓 麗豆菓

大豆餡の道明寺饅頭を豆乳ゼリーで包んだもので、シロップをかけていただきます。デザートも大豆づくしです。

 

行く価値のある名店です!!

 

 

おすすめ記事!