INTERACTION

時間は有限。可能性は無限大。

ワシントンD.C.を満喫!3日目その1

広告

はい、こんにちはKaitoです。

 

ワシントンD.C.三日目突入です。

 

そういえばワシントンD.C.の電車の1日券は14.5ドルでした。

今日もこれを使って自由に動きたいと思います。

でもバスは含まれてないのが残念。アメリカの1日乗車券はけっこうバス+電車だったんだけどな。

 

 

フィリップスコレクション

まずは昨日行ったフィリップスコレクション!!

 

ん??

 

また??って昨日行ったんですけどここ一番の目玉のルノワールの作品「舟遊びの昼食」を見忘れたので、これだけのために行きました。

 

実は昨日帰りに寄ったのですが5時からパーティーなので閉館していたので見れなかったんですよね。

 

で、そこまでして見に行った作品がこちら。

 

 

圧巻。。

 

間近で見たらわかるんですが、このルノワール独特の色使いが素晴らしい。

絶妙すぎるんですよね。あんまり美術興味なくてアメリカではまりだしたにわかなんですが、ルノワールの作品は「びびっ」ときてファンになっちゃいました。

 

いやールノワール最高。

 

残りの画像のリンク貼っときますー!

https://goo.gl/photos/e8V7uHAUPdzfG7vSA

 

 そして今日のメインの予定です。

f:id:interactive000:20160831222901p:plain

①ベトナム戦争戦没者慰霊碑

 

まずは長さ151mもの碑があり、合計5万8286人ものベトナム戦争で犠牲になった名前が刻まれている。

これほどの犠牲者がいたのかと思うと、ベトナム戦争の激しさがうかがえる。

 

 

こんな感じでずっと続いている。

なんか胸につかえるものがあり、冥福を祈りたいものだ。

 

②リンカーン記念館

まずはリンカーン記念館側から見たワシントンモニュメント。

どちらから見ようが変わらないですねw

 

 

さすが奴隷解放をなしとげた大統領だけあって、偉大な神殿である。

この神殿は36本もの大理石の円柱に支えられているが、これはリンカーンが暗殺された当時の州の数を表すそうだ。

 

 

やはり、リンカーンを思うとこの言葉を言わずにはいられないだろう。

 

[that government of the people, by the people, for the people]

[人民の人民による人民のための政治]

 

この言葉を知らない人はいないだろう。

それほど有名で偉大な歴史に大きな変換点を与えた人物である。

 

 

③朝鮮戦争戦没者慰霊碑

 

実物大のブロンズ像があり、ベトナム戦争慰霊碑とは違った雰囲気を出しているのが

朝鮮戦争戦没者慰霊碑である。

 

そして2400人もの人の顔や姿が刻まれた碑は、戦争の悲惨さを伝えている。

 

 

④キング牧師記念碑

 

外見からはなんだか南極みたいでびっくりした。

 

 

それもそのはず、くそでかいキング牧師像があります。

この岩でできた牧師の像はまるで切通しのよう形になっているが、これは「虚仮の一念、岩をも通す」のことわざにあるように、キング牧師の一念を表現している。

 

⑤フランクリン・D・ルーズベルト記念公園

あの有名なニューディール政策を行ったことで有名なルーズベルト大統領。

キング牧師記念碑から歩いていると、この公園にぶちあたる。

 

このルーズベルト像だけでなく、エレノア夫人の像もあるのでみんないっしょに写真をとっていた。

 

⑥トーマス・ジェファソン記念館

そのままほとりを歩いているとトーマス・ジェファソン記念館に到着。

この近くの公園「ポトマック公園」は桜並木で有名な場所である。

この桜は日本から友好の証として贈られたものである。

 

 

そして、中に入ると見上げるほど大きいトーマス・ジェファソンの像がある。

 

観光に焦点をあてると、見どころが集まっていているところがワシントンD.C.のいいところです。

次に続きまーす。