INTERACTION

時間は有限。可能性は無限大。

ボストンに到着。ゲイのストーカー被害にあいました。対策は?

広告

はい、こんにちは。Kaitoです。

 

もうちょうど1年前の話ですが、やっとアメリカ編が終盤にさしかかりました。

まずフィラデルフィアからボストンに到着すると同時に、寒さが体にしみる。。。

 

10月最後まで滞在すると予定していたのに、半そで半パンしか持ってきてない自分にあほだといいたい。お金そんなにないのに服を買う羽目に。

 

とりあえずパーカーだけでがんばっています。

 

ボストンの街並みはとてもきれいです。特にこれといったものはないかもしれませんが、街の雰囲気などは今まで訪れた都市の中でも上位です。

 

今回はボストンの滞在はすべてカウチサーフィンです。そろそろカウチサーフィンも板についてきました。マンションの前で待ち合わせなのですが、待ち合わせ時間まで少しあるのでデパートをぶらぶら。。。これが事件になるとは思いませんでしたが、、、

 

 

ストーカー事件

普通に朝のデパートをぶらぶらしているだけでストーカーにあっちゃいました。

 

f:id:interactive000:20161016001908j:plain

 

日本から出発するときにも、いろんな人に「お前はゲイに好かれそうやから気を付けろ」とか言われてましたが、サンフランシスコでも無事だったので大丈夫だろうと思っていました。

 

デパートをぶらぶらしていたんですけど、なんかさっきから同じ人がずっと視界におる気がすると思ったのが最初でした。

 

自意識過剰か!と自分につっこみを入れて何もなかったかのように歩いてましたが、

また同じ人がすぐそばにいました。

 

ちょっと怖くなったのと思い過ごしだったら恥ずかしいので、ちょっとフェイントかけてみようと思い、スピードを落としてその人を先に歩かせるようにしました。

 

すると僕が止まったらその人も止まるんですね。

 

それが2回以上続いたので「これはやばい」と思いました。

 

怖かったので見ていないと判断したところでダッシュしてトイレに逃げました。

単純にトイレに行きたくなったからなんですけどね。

 

トイレにて

大のほうをしていたんですけど、横の人がトイレットペーパーがないのか騒いでました。そっちのほうに携帯来なかったかと聞かれたので、携帯を落としてしまった模様。

 

どんだけ勢いよく落としたんやろと思いましたが、こっちには来てないよーと返事してあげました。

 

気分爽快でトイレを出て、手を洗って、出ようと思ったら、前の人がドアを開けてくれていたので「サンキュー。」といって顔を見ると、、、、

 

 

まさかのさっきのストーカーでした。

 

怖すぎて、やばいやばい。

 

しかし、何か問題を起こすとしたらトイレがベストだったんじゃないか。何もされなかったので大丈夫なのか。とよくわからん思考回路になりました。

 

(そういえばトイレにまだ人がいたからかなと今になって気づく。)

 

そこで最後のフェイントをいれて、これであかんかったら逃げることにしました。

 

僕の後ろをついてくるので、カフェに入るかを装い、急に止まって様子を見ることにしました。こいつもちらりと僕の顔を見て止まったのでOUT確定。

 

カフェに入ってもよかったのですが、お金がもったいないと思ったので歩き始めるとそいつも歩き始めました。

 

すると出口がもうすぐでした。そいつのほうが前を歩いていて、かつ出口までエスカレーターがあるので乗るとデパートを出ること確定です。

 

エスカレーターを降りたので、

なんだ、もう帰るのか、思い違いだったのかなと安心しましたが、、、、

 

 

まさかのくるりと振り返り、エスカレーターをまたのぼってきたのであります。

怖いと大丈夫かの繰り返しで限界だったのと、ここがチャンスと思ったのでGO!

f:id:interactive000:20161015235835j:plain

 

エスカレーターはこれ。少し長いのと、上っておりるとなると少し時間がかかるので

その時間があればこいつを撒けると確信したのでダッシュでエスカレーターをくだり、デパートを出ました。

 

いやー襲われたわけではないので、どうのこうの言えませんが、ストーカーされたら怖いものですね。女性の気持ちが少しわかった気がします。

 

海外なので余計に怖いです。

 

対策は?

今回で身に染みたんですけど、ストーカー対策って何をすればいいんですか??

 

けっこう難しい問題だと思うんですよね。

日本でも難しいのに、ましてや海外。最近事件も起きたので、女性のかたはきをつけてくださいね。

 

僕みたいにゲイの人にストーカーされるのは稀なケースだと思いますが。

逃げるときは人通りの多い道を通って、いつでも助けを求めれる状態にいることだけは意識していました。

やばいと思ったら、タクシーですね。命はお金に換えられません。

 

最後に

ボストンのあるマサチューセッツ州は全米で初めて同成婚を認めた州なので

同性愛者は多いらしいです。

 

ちなみにサンフランシスコも多いらしいので気を付けてくださいね。

 

場所はコプリースクエアにあるプルデンシャルセンターというデパートでした。

有名なデパートでいいらしいのですが、個人的には嫌な思い出のひとつの場所でした。

 

ボストンのしょっぱなからこんなことになり幸先不安ですが、まだもう1つ事件が起こったので、、、、また書きますね。