いんたらくしょん。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

INTERACTION

時間は有限。可能性は無限大。

ボストン観光:世界最高峰のハーバード大学とマサチューセッツ工科大学に行ってきたぞ。

広告

はい、こんにちは。Kaitoです。

 

まず朝からゲイの人にストーカーされびびっているところです。

無事ホストの人の家に着き、休憩するはずもなくすぐに観光にスタートです。

 

今回のホストは日本でも教師をしていた人で英語上達のために来た僕にとってなかなか当たりの人を引きました。

と思いきや、この人もゲイっぽいので大丈夫なのかと少し心配しましたが、一緒に観光に付き添ってくれるとのことなのでガイドを頼みました!

 

滞在しているコプリースクエアはきれいでなかなか良いです。

ハーバード大学

ハーバード大学に入る前にとりあえずカフェで一服しました。

行きたいと言われたのでついていったのですが、それにしても外国人はコーヒー大好きですよね。

 

ハーバードといえば選ばれたものしか入れない世界トップの難関大学ですよね。

東大よりも圧倒的に上なので異次元の世界です。

 

出来ればハーバードのMBAに行きたいなー。(願望)

 

とりあえず、向かった先はこの銅像があるところ!

 

そう!創立者のハーバード氏の銅像です。

彼の足に触ると頭が良くなるという言い伝えがあるのでみなさん写真を撮っています。

もちろん僕も触りました!

 

合格祈願や成績UPを願ってください。

 

ここで日本人の夫婦に会いました。息子がこちら(ハーバード大学ではない)ボストンの大学に留学してるから遊びに来たそう。うらやましいぜ。

 

と、久しぶりに日本語でしゃべっていると、ホストもしゃべりたいそうで

通訳してあげたら割と喋るしゃべる。しんどかったけどこれが一番勉強になるのでありがたい。

 

 

 

名門校は汚いイメージがあるのだが、さすが私立大学なだけあって校舎もまだきれいなほう。

 

ハーバード大学の図書館。

ここの画像けっこうSNSで流れたりしますよね。

ハーバード大学の何か条みたいなやつ。

 

と、大学内をぶらぶらしていると、、、

 

ハーバード大学といえど、こういうのあるんですね。

 

 

そしてサイエンスセンターに行きました。

いつもはもっと内部を見れるらしいが、休みの日なだけあって少ししか入れませんでした。くそう。

 

たしかこれが初のパソコンorスパコンだったはず。

科学系の英語は全くわからんので意味不明でした(笑)

 

 

緑もたくさんあって、芝生の中に無造作に椅子が置いてありました。

学生たちが休んだり交流するためだそう。

 

 

近くの本屋に

近くの本屋に来ました。

ハーバード大学の教科書がここに卸されており、みんな買いに来るそう。

 

なんでここに連れてきたんだろうと思っていると、

ホストがここで働いていたそうだ。なるほど。

 

 

どこの国も結局一緒です。

こういうのばかり興味があるのはわかるけど、こっちのはあからさますぎる。

 

 

街の風景。

ボストンはのどかで美しい。

 

SHAKE SHOCK

日本にも上陸して話題となったシェイク・シャック。

 

このときは全く有名だとか知りませんでしたが、連れてきてもらってました!

 

店内もおしゃれでしたが、やはり本場でも並びます。

するとまさかのハーバード大学であった夫婦とまた再開してびっくり。

 

 

このときはなんでこんな小さいところで会うねんとか思っていましたが、有名だから来るんですね。。

 

 

注文したのはシェイクのみ。

というのもここはシェイクがおすすめなんだと言われたので。

 

ハンバーガーも有名なら食べとけばよかった。残念。

 

といってもシェイクも十分うまいです!

満足して帰りました。

MIT:マサチューセッツ工科大学

 

続いてマサチューセッツ工科大学に来ました!

世界トップ2つがともにボストンにあるのはすごいですね。

 

 

 

さすが工科大学なだけあって建物から変わっている。。

 

 

すごい独創的ですよね。

 

 

工作好きからすると、まず入口でテンション上がること間違いなし。

休みのせいか、人が少ない。ハーバード大学は観光客で多かったのに。

 

 

鶴があるということは日本とも友好なのかなと推測できる。

 

ハーバード大学同様に中にはいれなかったのですが、

生徒と交渉して、中にいれてもらえました!

 

ありがたいのですが、セキュリティーの雑さね。

 

中には普通にたくさん生徒いました。

 

やはり理系で世界トップなだけあって研究設備が段違い。

自分の大学も日本トップレベルの設備があるはずなんですけど、やはり世界とのレベルの差を感じました。

 

なぜか理系はドメスティックでやれる。国外に出なくていいと思っている人が多いのですが、理系こそ海外留学すべきですよ!

 

最近は周りも理系で海外に行く人が多くなってきました。

 

こちらも自然たっぷり、そしてこれが生徒の憩いの場になっているそうです。

 

 

これが学校ですからね(笑)

 

 

 

道路をわたってもう一つのキャンパスへ。

 

こちらに食堂があったので行ってきました。

普通にSubwayなどがあるタイプでした。

 

久しぶりにカレーが食べたくなりインド料理を選択。

 

まあ味はふつう。

 

 

日本食も入っていたのでうれしくおもいました。

でも残念なのが、アメリカで日本食レストランを営んでるのは中国人か韓国人が多いんですよね。。。日本ブランドを理解して活かしているのは奇しくも日本人ではないのです。。

ここはどうだかわかりませんが。

 

というわけで世界トップレベルの2大学に訪れました!